ダイビング中

船が浮かんでいる海ヒリゾ浜!

ウミガメ

国立公園、石廊崎と中木の境の海岸は、透明感がものすごくいい海です。船でしか行くことができない独特の条件からありのままの自然が残された場所である。南国の季節回遊魚や大物の回遊魚も回ってくるので、シュノーケリングには絶好のポイントである。沖縄や海外に行かなくても関東の近場で綺麗な海とサンゴ礁がられます。
1日のダイビングの流れを書きます。2航海の場合、8時から9時集合(一般、ショップ)、受付、着替え、準備。9時30分1ダイブ目出航。10時30分1ダイブ目帰港(休憩)。11時30分2ダイブ目出航。12時30分2ダイブ目帰港、器材洗浄、着替え、片付け。13時昼食、ロギング等。13時30分終了
次にダイビング料金についてです。1ボードダイビング10.000円(税別)で2ボートダイビング14.000円(税別)でボート、ガイド、タンク、ウエイト、施設があります。
ダイビングポイントとしては、ハマヤが海峡、西~南西の風に弱い、潮流はほとんどなし。地形、伊豆では珍しい枝珊瑚(ヒメエダミドリイシ)が水深8メートルの斜面に広がるハードコラール中心で水底は砂地転がる石が多く、マクロの生物が中心で特に季節回遊魚は種類数ともに豊富です。時にはカンパチなどの回遊魚も回ってくる珊瑚のあたりと砂地がおもしろいです。

おすすめの記事

記事一覧

TOP